カウンタ
プロフィール

sc440ge

Author:sc440ge
「あめた」です。大ケガをして拾われたニャン。サーバーの空き箱に入ってるニャン。
「あめた」ありがとう。
20130603

sc440ge@yahoo.co.jp
パソコン価格情報

 [2012/04/13] *

buffalo DDNS / バッファローダイナミックDNSサービス/ BUFFALO 無線ルーター「WZR-HP-G301NH」 レビュー




■■■■■■■■■■ Entry Start ■■■■■■■■■■


・ブログトップへ戻る



buffalo DDNS / バッファローダイナミックDNSサービス


BUFFALO 無線ルーター「WZR-HP-G301NH」で無料の「DynDNS」を使っていたのですが、有料化されたため使えなくなりました。「buffalo」のルーターは手動で「DDNS」できる機器がほとんどないので困ったものです。 無料はあきらめて、「バッファローダイナミックDNSサービス 3,780円 / 年」を導入することにしました。

buffaloDDNSRE_000.png


さて、この「buffalo DDNS 」ですが、私としては最初の一歩が非常にわかりにくかったです。そもそも,どこからIDを取得するのかわかりませんでした。
---> ID取得はルーターにアクセス(192.168.11.1)--> Internet/LAN ---> DDNS
buffaloDDNSRE_003.png




■buffalo DDNS 取得の流れ■
1.ルーターにアクセス
2.ルーターの設定画面からルーターの製造番号を登録してIDを取得、パスワード設定
3.ドメインを設定
4.一ヶ月無料で使う
5.「バッファロー・ダイナミックDNSサービス 無償期限切れのご案内」のメールがくる
6. メールに記載されているhttp://cargo.actcommerce.net/melco-online-store/から1年間のライセンスを購入する
7.2時間くらいで「バッファロー・ダイナミックDNSサービス ルータ再設定完了」のメールがくる
8.ルーターのDDNSを再設定する。


「buffalo DDNS」は製造番号・ライセンスコード(BUF+製造番号)で管理されているようなので要注意です。


** 「バッファロー・ダイナミックDNSサービス 無償期限切れのご案内」のメール
>>※本購入サイトは、ケイティケイ株式会社の「アクトコマース」オンライン
>>ショップシステムを利用しています。

>>再びご利用いただく場合には、商品番号「 BDNS-01 」をご購入ください。
>>ご購入手続き時、「機器ライセンスコード」欄に必ず上記「ご登録機器のライセンス
>>コード」をご記入ください。「機器ライセンスコード」をご記入いただく場合、以下
>>の点にご注意願います。

>>・半角文字でご記入願います。
>>・大文字小文字の区別がありますので、ご注意願います。
>>・l(小文字のエル)とI(大文字のアイ)など、間違いやすい文字にご注意願います。
>>・間違って登録ユーザーID、製品の製造番号などをご記入されないようご注意願います。
>>・複数台ご利用の場合は、1台単位でご記入、ご購入願います。
>>・正しくご記入いただけないと、確認が必要となり、サービスを再びご利用いただけ
>> ない場合がございます。


気になるのがルーターが壊れて新しい「buffalo」のルータで設定する場合ですが、「buffalo DDNS」は製造番号・ライセンスコード(BUF+製造番号)で管理されているようですので、契約期間途中で新しいルーターに変える場合は、新しいルーターの製造番号ではなく、古いルーターの製造番号・ライセンスコードで設定したら通るような気がします。(製造番号は手動で入力するようになっているから。)ご存じの方があれば、教えて下さい。









■「buffalo DDNS」無料期間が過ぎてからの設定方法■

1. メールに記載されているhttp://cargo.actcommerce.net/melco-online-store/にアクセス。
buffaloDDNSSHOP_001.png


2.「 BDNS-01 」を購入
buffaloDDNSSHOP_002.png


3.ライセンスコードは必ず無料期間に登録したものを入力 ***注意!!
buffaloDDNSSHOP_003.png


4.購入完了
buffaloDDNSSHOP_004.png


5.2時間くらいで「バッファロー・ダイナミックDNSサービス ルータ再設定完了のご案内」のメールがきます。


6.ルーターに「192.168.11.1(初期設定)」でアクセス。
buffaloDDNSRE_001.png


7.「Internet/LAN」---> [DDNS]に進む
buffaloDDNSRE_002.png


8.バッファロー・ダイナミックDNSを選ぶ。
buffaloDDNSRE_003.png


9.無料期間に登録した情報を入力
*ユーザー情報を一度削除したので画面が少し違うかもしれません。
buffaloDDNSRE_004.png


10.「製造番号・ライセンスコード」は自動的に入力されます
buffaloDDNSRE_005.png


11.登録を確認する
buffaloDDNSRE_006.png


12.利用開始する
buffaloDDNSRE_007.png


13.希望するドメインを入力する
buffaloDDNSRE_008.png



14.ここでルーターに登録される
buffaloDDNSRE_009.png


15.正常ならば数分後に「更新成功」になる
buffaloDDNSRE_010.png


16.外部から登録したドメインにアクセスして確認












・ブログトップへ戻る



ちょっと待ってニャン。まだ何か買うニャンか? パソはやめれないニャンか?いたずらしないからゲージから出してニャン。拍手はちょっとだけ好きニャン。
ame-thinks.jpg




パーツ・周辺機器 | 【2012-04-13(Fri) 12:50:33】 | Trackback(-) | Comments(-)
編集  

 
Ads by Google 1
最新記事

[Key]
vbCrLf Chr(10) Chr(13) Application.WorksheetFunction.Max End(xlUp) ActiveCell.Row - 1 Cells(11,"B").Select Worksheet_SelectionChange UserForm Application.Wait Now() Application.Speech.Speak CreateObject("SAPI.SpVoice") voice.getdescription() Do While  TimeValue< Len vbNarrow Replace trim Until  Exit Do Like Right UBound Split vbLf ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor Range GetVoices.Count voice.getdescription Item ColumnCount ColumnWidths  ColumnCount ColumnWidths Cells(10, "IV").End(xlToLeft).Column .PageSetup.PrintArea Label ComboBox CheckBox OptionButton ListBox vlookup NumberFormatLocal  Application.GoTo Reference:=Range("$B$4"), Scroll:=True ActiveSheet.ScrollArea = "A1:D65536"  Cells(1, "A").NumberFormatLocal = "yy/mm/dd" Selection.Delete Shift:=xlUp IsError Application.VLookup DoEvents Loop CriteriaRange AdvancedFilter Action:=xlFilterInPlace .SaveAs , xlCSVActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=Selection, Address< Dir(ThisWorkbook.Path & "\*") Set myRng = myData.Find(myWord, LookAt:=xlPart) Application.WorksheetFunction.Match InStr Left Mid Trim Replace StrConv vbNarrow ComboBox1.AddItem ListBox1.AddItem Like 'ActiveCell.Interior.ColorIndex = 37 Rows(ActiveCell.Row).Interior.ColorIndex = xlNone Selection.ClearContents Selection.Clear Range(Cells(myRow1, "A"), Cells(myRow2, "C")).ClearContents ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "$A$2:$C$10"