カウンタ
プロフィール

sc440ge

Author:sc440ge
「あめた」です。大ケガをして拾われたニャン。サーバーの空き箱に入ってるニャン。
「あめた」ありがとう。
20130603

sc440ge@yahoo.co.jp
パソコン価格情報

 [--/--/--] *

スポンサーサイト




■■■■■■■■■■ Entry Start ■■■■■■■■■■


・ブログトップへ戻る



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



・ブログトップへ戻る



ちょっと待ってニャン。まだ何か買うニャンか? パソはやめれないニャンか?いたずらしないからゲージから出してニャン。拍手はちょっとだけ好きニャン。
ame-thinks.jpg




スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
編集

 [2011/09/10] *

FreeNasに「NTFS」フォーマット済みHDDを追加する




■■■■■■■■■■ Entry Start ■■■■■■■■■■


・ブログトップへ戻る



FreeNasに「NTFS」フォーマット済みHDDを追加する

FreeNASにフォーマット済みHDDを追加します。ここではWindowsで「NTFS」にフォーマットされていて、既にデータを保存しているHDDをFreeNASに追加します。

---> [ 参考 ] 「HP ProLiant ML110 G5」に「FreeNAS」をインストール
http://sc440ge.blog59.fc2.com/blog-entry-140.html

手順・設定を間違えると大切なデータが消えてしまうのでご注意を。他のサイトも参考にして慎重に行って下さい。

■FreeNAS初心者の私が行った手順■
1.新しく取り付けるHDDにデータが存在する場合はバックアップを取っておく。
2.既にFreeNASで運用しているHDDの電源ケーブル、SATAケーブルを抜く。
3.新しいHDDを取り付ける
4.新しいHDDをFreeNASで設定する。
5.(2)で取り外したケーブルをつなげて、再起動。
6.動作確認


Freenas_004.jpg



■「NTFS」フォーマットと済みHDDを追加する手順■


1.「ディスク」 ---> 「マネージメント」
001.jpg


2.右下の「+」でディスクの追加
002.jpg


3.
・追加したいHDDを選択して、概要を入力。
・「ファイルシステムの事前フォーマット」は「unformated」を選択。

003.jpg


4.変更を適用する
004.jpg


5.「ディスク」--->「マウントポイント」
005.jpg


6.右下の「+」で追加
006.jpg


7-1
・ディスクを選ぶ
・パーティションタイプ : 「MBRパーティション」
・パーティション番号 :「1」
・ファイルシステム:「NTFS」
・マウントポインタ名:適当に入力

007a.jpg


7-2 変更を適用
007b.jpg


8.「サービス」--->「CIFS/SMB」
008.jpg


9.右下の「+」で追加
009.jpg


10.「名前とコメント」を適当に入力
*ゴミ箱にチェックを入れる

010.jpg


11.「パスを取得」
011.jpg


12.ハードディスクを選ぶ
012.jpg


13.パスを確認してOK
013.jpg


14.追加
014.jpg


15.変更の適用
015.jpg


16.Windows7から新しくディスクが追加されたのが確認できる。
016.png






関連記事



・ブログトップへ戻る



ちょっと待ってニャン。まだ何か買うニャンか? パソはやめれないニャンか?いたずらしないからゲージから出してニャン。拍手はちょっとだけ好きニャン。
ame-thinks.jpg




パーツ・周辺機器 | 【2011-09-10(Sat) 16:06:28】 | Trackback(-) | Comments(-)
編集  

 
Ads by Google 1
最新記事

[Key]
vbCrLf Chr(10) Chr(13) Application.WorksheetFunction.Max End(xlUp) ActiveCell.Row - 1 Cells(11,"B").Select Worksheet_SelectionChange UserForm Application.Wait Now() Application.Speech.Speak CreateObject("SAPI.SpVoice") voice.getdescription() Do While  TimeValue< Len vbNarrow Replace trim Until  Exit Do Like Right UBound Split vbLf ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor Range GetVoices.Count voice.getdescription Item ColumnCount ColumnWidths  ColumnCount ColumnWidths Cells(10, "IV").End(xlToLeft).Column .PageSetup.PrintArea Label ComboBox CheckBox OptionButton ListBox vlookup NumberFormatLocal  Application.GoTo Reference:=Range("$B$4"), Scroll:=True ActiveSheet.ScrollArea = "A1:D65536"  Cells(1, "A").NumberFormatLocal = "yy/mm/dd" Selection.Delete Shift:=xlUp IsError Application.VLookup DoEvents Loop CriteriaRange AdvancedFilter Action:=xlFilterInPlace .SaveAs , xlCSVActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=Selection, Address< Dir(ThisWorkbook.Path & "\*") Set myRng = myData.Find(myWord, LookAt:=xlPart) Application.WorksheetFunction.Match InStr Left Mid Trim Replace StrConv vbNarrow ComboBox1.AddItem ListBox1.AddItem Like 'ActiveCell.Interior.ColorIndex = 37 Rows(ActiveCell.Row).Interior.ColorIndex = xlNone Selection.ClearContents Selection.Clear Range(Cells(myRow1, "A"), Cells(myRow2, "C")).ClearContents ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "$A$2:$C$10"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。