カウンタ
プロフィール

sc440ge

Author:sc440ge
「あめた」です。大ケガをして拾われたニャン。サーバーの空き箱に入ってるニャン。
「あめた」ありがとう。
20130603

sc440ge@yahoo.co.jp
パソコン価格情報

 [--/--/--] *

スポンサーサイト




■■■■■■■■■■ Entry Start ■■■■■■■■■■


・ブログトップへ戻る



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



・ブログトップへ戻る



ちょっと待ってニャン。まだ何か買うニャンか? パソはやめれないニャンか?いたずらしないからゲージから出してニャン。拍手はちょっとだけ好きニャン。
ame-thinks.jpg




スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
編集

 [2014/01/24] *

DWR-PGをPWR-100F化してsimフリーにする / Buffalo ポータブルWi-Fiルーター DWR-PG /  (改 光LINK PWR-100F)




■■■■■■■■■■ Entry Start ■■■■■■■■■■


・ブログトップへ戻る



DWR-PGをPWR-100F化してsimフリーにする


右がDWR-PG
MR02LN_010_R.jpg



ルーターが動かなくなってもいかなる責任を負いません。自己責任でお願いします。手順、図解が間違えているかもしれません。




■参考URL■
http://pocketgames.jp/blog/?p=15516


■必要な物■
■1.光ポータブル 「PWR-100F」(SIMフリー版)■ *ファームウェア(ver.1.80)
http://web116.jp/ced/support/version/broadband/pwr-100f/index.html
http://web116.jp/ced/support/version/broadband/pwr-100f/180r203index.html

■2.PotaPhiChange.exe■
一応ウィルスチェックをしてください。
ttp://www.mediafire.com/download/arm2akwyrp5oej1/PotaPhiChange.exe


■3.simフリー化のトラブルシューティング■
http://f.orzando.net/pukiwiki-plus/index.php?PotaFi%2FTroubleShoot




■流れ■
1.DRW-PGとパソコン(Windows7)をUSBケーブルでつなげる。
2.デバイスドライバーから「ドライバの検索場所として「C:\Windows\Temp」を指定」して、ドライバーを手動インストールする。(最初のデバイス名はWindows phoneだったかと思います。その後DWR-PGに変わったと思います。うろ覚え。)
3.「PotaPhiChange」を実行する
4.エラーが出る場合はドライバーのインストールを確認する。
5.DWR-PGtoPWR-100F_Update」が新しくできているので実行する

デバイスドライバーが正常にインストールできていない場合は途中で停止します。あと必ず電源をオンにしておいてください。一度エラーで失敗したら一番下のランプだけ赤点灯して電源が入っていない状態になります。この状態で再度インストールを試みても失敗します。

数回失敗しましたが文鎮化することはありませんでした。運が良かったかも。






■PotaPhiChangeの実行■

1.ファームウェアーの「pwr-100f-nte-180-r203」と「PotaPhiChange」を同じフォルダに入れて、「PotaPhiChange」を実行する。
PotaPhiChange_001.png


2.[1]を押してPWR化する。
PotaPhiChange_002.png


3.[1]を押して「DWR-PG」に入れる
PotaPhiChange_003.png


4.完了する
PotaPhiChange_004.png


5.「DWR-PGtoPWR-100F_Update」が新しくできているので実行する
PotaPhiChange_005c.png

6.アップデートする
PotaPhiChange_006.png

PotaPhiChange_007.png


完了のメッセージが出れば成功です。エラーになる場合はデバイスドライバーが正しくインストールできていない可能性があります。デバイスマネージャーから「C:\Windows\Temp」を指定して手動でドライバーをインストールしてください。デバイス名が「Windows phone」から「DWR-PG」に変わると思います。(ちょっとうろ覚え)




関連記事



・ブログトップへ戻る



ちょっと待ってニャン。まだ何か買うニャンか? パソはやめれないニャンか?いたずらしないからゲージから出してニャン。拍手はちょっとだけ好きニャン。
ame-thinks.jpg




パーツ・周辺機器 | 【2014-01-24(Fri) 16:38:05】 | Trackback(-) | Comments(-)
編集  

 
Ads by Google 1
最新記事

[Key]
vbCrLf Chr(10) Chr(13) Application.WorksheetFunction.Max End(xlUp) ActiveCell.Row - 1 Cells(11,"B").Select Worksheet_SelectionChange UserForm Application.Wait Now() Application.Speech.Speak CreateObject("SAPI.SpVoice") voice.getdescription() Do While  TimeValue< Len vbNarrow Replace trim Until  Exit Do Like Right UBound Split vbLf ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor Range GetVoices.Count voice.getdescription Item ColumnCount ColumnWidths  ColumnCount ColumnWidths Cells(10, "IV").End(xlToLeft).Column .PageSetup.PrintArea Label ComboBox CheckBox OptionButton ListBox vlookup NumberFormatLocal  Application.GoTo Reference:=Range("$B$4"), Scroll:=True ActiveSheet.ScrollArea = "A1:D65536"  Cells(1, "A").NumberFormatLocal = "yy/mm/dd" Selection.Delete Shift:=xlUp IsError Application.VLookup DoEvents Loop CriteriaRange AdvancedFilter Action:=xlFilterInPlace .SaveAs , xlCSVActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=Selection, Address< Dir(ThisWorkbook.Path & "\*") Set myRng = myData.Find(myWord, LookAt:=xlPart) Application.WorksheetFunction.Match InStr Left Mid Trim Replace StrConv vbNarrow ComboBox1.AddItem ListBox1.AddItem Like 'ActiveCell.Interior.ColorIndex = 37 Rows(ActiveCell.Row).Interior.ColorIndex = xlNone Selection.ClearContents Selection.Clear Range(Cells(myRow1, "A"), Cells(myRow2, "C")).ClearContents ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "$A$2:$C$10"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。